寂しい時、苦しい時、嬉しい時。一人でいないで、ここに来て話そう。

NPO法人 長崎のぞみ会紹介

NPO法人 長崎のぞみ会

これまでの歩み

  • 1972年 長崎市内の精神障がい者家族会「のぞみ会」によって誕生。
  • 2006年 特定非営利法人「長崎のぞみ会・のぞみ共同作業所」として発足。
  • 2011年 長崎市大橋町に移転。地域活動支援センターⅢ型として作業、交流、憩いの場として活動。
  • 2017年 代表者が交代し、市内で始めて作業療法士が運営する地域活動支援センター三型として始動。

役員

  • 平成30年度現在

顧問
中村てるお
役員
理事長 河野 知房
理事  高橋 彰夫
理事  大塚 安子
理事  大迫 健
監事  須田 清美

事業内容(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)

  • 特定非営利活動法人 長崎のぞみ会

事業の方針と成果
精神障害者、知的障害者、高次機能障害者、アルコール中毒者等に対して生活支援を行い。生産活動や創作活動を通じて、社会と交流の場を提供し1日平均10名以上の方にサービスを提供し成果を上げた。またその家族に対しては研修会や他作業所の視察、親睦の会を実施して地域生活を支援するとともにその福祉活動を行い、精神保健福祉の発展に寄与することができた。

具体的な事業
・ロビーコンサートとして実施する。
長崎リハビリテーション病院
聖フランシスコ病院

・地域活動支援センターのぞみ共同作業所を受託運営する事業、
 名称:のぞみ共同作業所
利用者に対し創作的活動又は生産活動の機会の提供及び社会との交流の促進を図るとともに、日常生活に必要な便宜の供与を行う。
・毎週 日・月・火・水・木曜日、10:00~16:00
 地域活動支援センターⅢ型対象者
年間利用者 2,828名 開所日数 219日 一日平均13名

顧問
中村てるお
役員
理事長 高橋 彰夫
副理事長 松尾 美代子
副理事長 大塚 安子
理事 水谷 満子
理事 髙橋 友子
理事 井手 和恵
理事 山﨑 ヤヨイ
理事 須田 清美
監事 小佐々 研介

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional