寂しい時、苦しい時、嬉しい時。一人でいないで、ここに来て話そう。

NPO法人 長崎のぞみ会紹介

NPO法人 長崎のぞみ会

これまでの歩み

  • 1972年 長崎市内の精神障がい者家族会「のぞみ会」によって誕生。
  • 1984年 長崎県下初の共同作業所「のぞみ共同作業所」が、小規模の社会復帰中間施設として、長崎市中央保健所(現・長崎市役所別館)地下2階に開設
  • 2006年 障害者自立支援法の施行により、「特定非営利活動法人 長崎のぞみ会」発足、「のぞみ共同作業所」は地域活動支援センターⅢ型として運営開始。
  • 2011年 長崎市大橋町に移転。
  • 2017年 精神障害当事者を中心としたピアサポート活動を茂里町ハートセンターで開始する。

役員

  • 平成30年度現在

顧問
中村てるお
役員
理事長 河野 知房
理事  高橋 彰夫
理事  大塚 安子
理事  大迫 健
監事  須田 清美

事業内容

事業報告

  • 平成29年4月1日から平成30年3月31日まで
      • 事業の成果
         平成29年度より責任者が交代し、新たな職員体制で事業に臨んだ。これまでと大きく異なることは、作業療法士というリハビリ専門職が主体となり、利用者への支援を進めていったことである。作業療法士の専門性の一つに、障害や病状の理解や個々の特性とその取り巻く環境を把握することで、それぞれのニーズに合った具体性のある支援を行えることが挙げられる。のぞみ共同作業所では、様々な病気を抱えた利用者が混在しており、ニーズもさまざまである。例えば、就労継続支援の事業所が上手くいかず、復帰を視野に入れた自己調整のために通う利用者や、退院直後に生活リズムを整えるために通う利用者、日中の居場所として仲間づくりや交流の場を目的に通う利用者などである。今年度は、このような一人一人の利用者に対し個別に支援計画を立て、定期的な面談を交えた支援を心がけた。
         また、ボランティアの導入も積極的に行った。特に大学生が主体となり、日々の活動へ参加した。このことは、大学生にとって普段あまりかかわることができない障害や病気を知る機会になり、社会に出る前の大事な経験につながる。そして、大学生の新しい視点からのアイデアが商品製作に生かされ、利用者にとっても日常活動への良い刺激になり活気が生まれた。

      ・地域活動支援センターⅢ型 対象者39名
      ・年間利用者 2,306名 開所日数211日 一日平均10名

  • 平成25年4月1日から平成26年3月31日まで
    • 事業の方針と成果
      精神障害者、知的障害者、高次機能障害者、アルコール中毒者等に対して生活支援を行い。生産活動や創作活動を通じて、社会と交流の場を提供し1日平均10名以上の方にサービスを提供し成果を上げた。またその家族に対しては研修会や他作業所の視察、親睦の会を実施して地域生活を支援するとともにその福祉活動を行い、精神保健福祉の発展に寄与することができた。

      具体的な事業
      ・ロビーコンサートとして実施する。
      長崎リハビリテーション病院
      聖フランシスコ病院

      ・地域活動支援センターのぞみ共同作業所を受託運営する事業、
       名称:のぞみ共同作業所
      利用者に対し創作的活動又は生産活動の機会の提供及び社会との交流の促進を図るとともに、日常生活に必要な便宜の供与を行う。
      ・毎週 日・月・火・水・木曜日、10:00~16:00
       地域活動支援センターⅢ型対象者
      年間利用者 2,828名 開所日数 219日 一日平均13名

      顧問
      中村てるお
      役員
      理事長 高橋 彰夫
      副理事長 松尾 美代子
      副理事長 大塚 安子
      理事 水谷 満子
      理事 髙橋 友子
      理事 井手 和恵
      理事 山﨑 ヤヨイ
      理事 須田 清美
      監事 小佐々 研介

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional