寂しい時、苦しい時、嬉しい時。一人でいないで、ここに来て話そう。

今年もあと一日で新年です。

今年もあと一日で新年です。

当方にとって節目の年でした。
 5月に生まれて初めての長期入院。
11月にはフィリピンに厚労省 戦後70周年事業 慰霊友好親善の旅、日本遺族会主催に参加しました。戦死した父の慰霊を北部ルソン島、サラクサク峠の麓の川沿いで4名の方と合同慰霊祭を行いました。全国から遺児150名参加し20名で全土を訪問し、慰霊祭と小学校、福祉施設を友好親善のため交流をしました。

現地で学校の先生、校長先生に当方の質問。
 子供の「いじめ」や若い方の精神疾患の現状についてどうか?
 ほとんど、ありません。先輩や先生、周りの人は何をしているのですか?とびっくりしてる様子でした。
 マニラから奥地に入ったところで 棚田は世界遺産になっており、自然と共生してる人々の生活は羨ましいほどでした。

コメント

  • フィリピンのルソン島

    フィリピンのルソン島の戦いで戦死者は20万人を超えました。
    30年も森林で生活を続けた小野田寛郎(ひろお)氏も、この島で戦われたお一人でした。アメリカが仕掛けた理不尽な戦争から、日本を必死で守って頂いた英霊の皆さんに、現代の日本人は感謝しています。




認証コード2515

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional